大城建大郎x石嶺愛莉

9月1日(日)open17:00 start19:00 charge¥2,000【Pops/民謡】

【大城建大郎】那覇市繁多川出身。石垣島出身の父の影響で三線に興味を持ち、南風原高校郷土文化コースへ入学。それをきっかけに琉球古典音楽の世界に足を踏み入れる。現在は沖縄を拠点に国立劇場おきなわなどの県内芸能公演に出演し、県外公演や台湾、フランス、ハワイなど国外での芸能公演にも出演。独自でアレンジする沖縄の歌やオリジナルソングを歌う国際通りを中心とした活動も行い、県内ミュージシャンのサポートや楽曲提供も行う。 琉球古典音楽から沖縄ポップスまで、全てを“沖縄の音楽”と考え幅広く活動する。 南風原高校郷土文化コース卒業 沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻琉球古典音楽コース卒業 沖縄県立芸術大学舞台芸術専攻琉球芸能専修修了 国立劇場おきなわ第4期組踊研修生修了 琉球新報古典音楽コンクール 歌三線「最高賞」受賞 琉球新報古典音楽コンクール 笛「最高賞」受賞 琉球古典音楽安富祖流絃聲会 教師

【石嶺愛莉】沖縄県糸満市出身 沖縄県立芸術大学の、琉球芸能専攻課程にて、琉球古典音楽を学び、古典・琉球民謡において、数々の受賞を受け、実績を積む、現役女子大生 DJ SASや、様々なコンピレーションアルバムへの参加・県内外にてライブ・イベント出演しています。 沖縄音楽を世界に広げる為に活動する実演家。

SeaMoon

9月6日(金)open17:00 start19:00 charge 投げ銭制【Pops】

2000年12月に結成。ぴょん(ボーカル&キーボード)とGO!(ギター)によるオリジナル・アコースティクユニットとして活動中。これまでに9枚のCDを発売。こだまには2011年より出演。東日本大震災後は多数のチャリティーライブを主催。オリジナル曲はメッセージ性が強く、社会派ユニットと呼ばれることが多い。

与那覇歩

9月8日(日)open15:30 start17:00 charge¥3,000【Pops/民謡】

与那国生まれ。幼い頃から民謡や演歌を歌い、島の祭りやスンカニ大会などで数々の賞を受賞。八重山古典民謡でも新人賞・優秀賞を受賞する。2004年1月からネーネーズのメンバーとして活動。2009年7月にネーネーズを脱退して以降は、ソロの民謡歌手として活動している。

*通常より早いスタートになります。

安里勇

9月11日(水)open17:00 start19:30 charge¥2,000【民謡】

1945年、沖縄八重山黒島生まれ。中学を卒業後、第1期集団就職の一人として大阪へ渡り、様々な仕事に就いた。その後、八重山民謡の修行を積み、1996年『海人八重山情歌』(リスペクト)でデビュー。続いて『潮騒』(1999年)『浮遊人』(2001年)をリリース。海人(うみんちゅ)として毎日海に出るかたわら、石垣市美崎町、島唄ライブハウス「安里屋」を12年間経営、毎日ステージを務める。2011年6月15日体調を崩し安里屋を閉店。その後、ライブ活動を経て2012年1月17日に島唄と島魚の店「安里屋」を開店。

川畑アキラxキナコ(KINAKO) ツーマンライブ

9月12日(木)open17:00 start19:30 charge¥2,000【Pops】

【川畑アキラ】1999 年ビクターからデビューし、「運命船サラバ号出発」「夢の旅人」「サクラサク」などのヒット曲で知られるロックバンド「ザ・コブラツイスターズ」のボーカル。
バンド時代からその野太い声と説得力のあるライブパフォーマンスで評判の高かった川畑アキラ。2003年 ソロ名義で与論島・沖縄への想いを歌った「誠の島」をビクターからリリース。2008 年春、10 年のキャリアを経てバンドを解散し、東京から沖縄に音楽の拠点を移しソロ活動 を本格的にスタートさせる。
2008 年7 月に沖縄県限定発売のシングル『忘れたんじゃない思いださなくなるだけさ』をフライングハイよりリリース。2010 年4 月には約2 年ぶりの新曲「親父殿よ~ウヤウムイノウタ~」をテイチクよりリリース。
2012 年5 月23 日にはオリジナルアルバム「誠の夢」をVAP よりリリース。
2014年2月26日にはシングル「シンガーソングランナー」をビレッジアゲインよりリリース。2015年2月18日には川畑兄弟名義でアルバム「与論島慕情~YORON BLOOD」をビクターよりリリース。2017年、生まれ故郷与論島に戻ったのを期にdining&musicうちじゃしょりをオープン、与論島を拠点に全国に音楽を発信中。
鹿児島県与論島出身、血液型O 型。
趣味はマラソンでNAHAマラソンでは10年続けて完走。ヨロンマラソン•大阪マラソン・フランスメドックマラソンなど多数のマラソン大会に参加。自称「シンガーソングランナー」。
2013 年6 月「ヨロンパナウル王国観光大使」に任命される。公式ホームページ
http://1000show.jp/kawabata/

【キナコ(KINAKO)】
北九州産神戸発Singer song writer 歌手。ギター弾き語り、ドラム叩き語り、バンドスタイル etc.2009年「ひまわり」でメジャーデビュー
全国「教室ライブツアー」台湾・ベトナム・韓国など海外公演も。座右の銘「人生は冒険」

知念こずえ & 村吉茜

9月13日(金)open17:00 start19:30 charge¥3,000【民謡】

【知念こずえ】 伊江島出身。 幼少の頃、祖母、父親の影響で、自然に唄を覚えるようになる。 2005年より、那覇市のライブハウスを拠点に、県内のイベントや、慰問ライブ、県外などで活動を始める。 2008年より、大城美佐子に師事し、琉球音楽協会教師免許、二代目定絃会教師免許を取得。 現在、那覇市にある『ちんだみ三線店』に勤めながら、県内外のライブイベントや、海外でも活動している。

【村吉茜】 幼少の頃より両親、祖父母の 影響により、琉球舞踊、唄、三線を学ぶ。 民謡歌手になることを夢に持ち、新人賞、優秀賞、最高賞を受賞。 19歳より本格的に唄の活動を始め、民謡大賞、教師免許を取得。 沖縄県内外、海外とステージ活動の他にもあかまーみJr.弟子の育成 にも力を入れ、精力的に活動をする。

Lisa Oki & 与那覇歩

9月14日(土)open17:00 start19:00 charge¥4,000【Pops/民謡】

初共演のお二人のライブが決定!

【Lisa Oki】幼稚園の頃に姉2人を追いかけ三線を習い始める。姉2人は辞めてしまうも 母の勧めで1人三線を習い続け 中学校で 三線の部 新人賞 優秀賞を受賞。高校で最高賞 教師免許を取得。19歳の頃からライブ活動を始め 沖縄ではテレビ ラジオ 各リゾートホテル 島唄ライブ居酒屋 各観光施設にて ライブ活動を経験 琉球民族衣装 紅型を着てのモデルも経験。県外では 東京を始め大阪 京都 三重 長野でライブ活動をし、2015年5月に 音楽活動を本格化するべく上京。上京してからは 東京を拠点とし、神奈川 千葉 仙台 新潟 大阪 京都 名古屋 など 全国各地で音楽活動をし、fmかわさき レインボータウンFMでのラジオパーソナリティも3月から本格的に挑戦。

【与那覇歩】与那国生まれ。幼い頃から民謡や演歌を歌い、島の祭りやスンカニ大会などで数々の賞を受賞。八重山古典民謡でも新人賞・優秀賞を受賞する。2004年1月からネーネーズのメンバーとして活動。2009年7月にネーネーズを脱退して以降は、ソロの民謡歌手として活動している。

 

くぼちよライブ &久保田晃平、安岡由紀子研究所発表会

9月15日(日)open16:30 start18:00 charge¥1,000【民謡】

【くぼちよ】1968年大阪生まれ、2003年に石垣島に移住し八重山民謡を学ぶ、2009年より沖縄本島に移住し我如古より子の歌姫のレギュラーメンバーとしてステージに立つ、2013年より京都で沖縄料理くぼちよを経営しながらステージ活動を展開中。久保田晃平、八重山古典民謡保存会教師、現在東京、大阪、名古屋、京都、那覇などで教室を開催中。安岡由紀子、琉球古典音楽 野村流音楽協会 仲嶺盛文研究所関東支部(通称 月桃の会)教師、現在出身地宮崎や東京で教室を開催中。

いーどぅし

9月16日(月)open17:00 start19:00 charge¥3,500(予約)/¥4000(当日)

*7月16日(火)16:00よりお電話にてご予約受付スタートいたします。

カバー曲【海の声】が、YouTube再生回数250万件越えでブレイクした「いーどぅし」。沖縄音楽ダウンロードサイトでは14週連続1位・年間総合1位と、前例のない快挙を成し遂げた。
幼少時から沖縄の古典音楽・民謡を学び、互いに多数の賞を受賞。沖縄県立芸術大学にて学びを深め、2018年3月に卒業。
三線とギターの新しい融合と、美しい歌声のハーモニーは、新たな音楽シーンを奏でる。
県内外でのライブツアーや学祭出演も成功を収め、海外でも好評を博す。BEGINも太鼓判を押す今話題の沖縄音楽デュオ。

店長(トカシキミツヲ)

9月19日(木)open17:00 start19:30 charge¥1,500【Pops】

1960年代あたりに生まれたみたい。沖縄の劇団「笑築過激団」所属中にバンド「フェーシ」結成。泡盛のタイアップソングとして起用された「LADY」が異例の大ヒットを飛ばす。その後、フェーシの活動を休止。そして2002年にヴォーカリストの◎ターシ(にぢゅうまるたーし)とダンサーのアツオニアウエチーノとユニットを組み、「與那嶺商会(よなみねしょうかい)」として活動。現在はソロ活動を主とし、関東、関西を中心にライブを展開。「話半分?歌半分?」のライブ・スタイルでサンシン(沖縄三味線)とウクレレを奏で、歯に衣を着せぬ毒舌とテンポ感のあるMCで魅了する。「地面スレスレのローテンション」がスローガンな、モヒカンヘア男!