よなは徹 2days 2日目~たったひとり歌会 vol.79 〜小岩の夜に響む夏のうた〜

8月22日(木)、8月23日(金)open17:00 start19:30 charge各¥3,000円(2日間通し料金は¥5,000*要予約)

よなは徹のこだま初2daysライブ!初日は古典をたっぷりお届けします。2日目はPops系も中心に幅広くい演奏でお楽しみいただけます!

琉球古典音楽家・島うた界における斬新な歌者。幼少の頃から培われた歌、三線は揺らぐことがない。数々の芸歴と受賞といった実力を持ちながら新しい島うたの世界を切り開く

ひがやすなり&ばる~ん

8月24日(土)open17:00 start19:30 charge¥1,000【Pops】

ギターヴォーカル&三線「ひがやすなり」、キーボード「ひがまみ」、パーカッション「やぎさわひろまさ」によるユニット。 「地下鉄の唄」や「我ぬ慕い」オススメ曲です!毎回大盛り上がりのライブ!

ネーネーズ

8月25日(日)open16:30 start18:30 charge¥4,000【Pops】

*ご予約は6月12日(水)16時よりお電話にて受付いたします。

【ネーネーズ(NENEZ)】 1990 年夏、沖縄音楽界の第一人者、知名定男のもとに結成。 現在までメンバーを入れ替え、6代目となった現メンバーも、プロデューサー知名定男と共にこれまで培ってき た世界を更に大きく広げている。 2015 年 9 月、アルバム「reborn」でキングレコードにメジャー復帰。 2016 年 1 月、オリジナルアルバム「DIKKA」をリリース。 2018 年 6 月、キングレコードから 3 枚目の新譜「MAPAI」(マパイ)をリリース。 アルバムリリースツアーや、台湾 LIVE も成功させ、さらなる飛躍が期待される。 若返ったメンバーによるフレッシュなネーネーズの歌声は、新たなファン層へも広がりを見せ、県内外でのライ ブや、ホームグラウンドの「ライブハウス島唄」(那覇・国際通り)で、多くの人を魅了し続けている。 代表曲は「黄金の花」や「平和の琉歌」、カヴァー曲の「ノーウーマン・ノークライ」など。

●沖縄音楽シーンの重鎮、知名定男のプロデュースにより結成されたネーネーズはメンバー交代を繰り返しなが ら6代目となり、現在平均年齢 22 歳。

●那覇国際通りのホームグラウンド「ライブハウス島唄」に行けばネーネーズに会える! 毎日のようにステージをこなし、鍛え上げられたその唄、演奏、MC の実力は、パフォーマンスを観ればネーネ ーズが沖縄音楽ポップスシーンのトップクラスのアーティストだという事は一目瞭然!

沖縄アメリカーナ MERRY &DAVID RALSTON

8月26日(月)open17:00 start19:30 charge¥2,500

沖縄を拠点にして、国際的に活動しているデイビッドとメリーは『沖縄・アメリカーナ』と自称して、独自の音楽世界を奏でる。ありそうでなかった沖縄民謡とアメリカのブルース、ロック、ソウルをチャンプルー。お互いのルーツを崩さず、新たな世界を展開。アコースティックデュオとして、またはフルバンド構成、さらにエイサー、ダンサーとのコラボレーションでも多くの歓声を浴びている。 2017年にイーストウエストのコラボレーションアルバム『沖縄アメリカーナ』を発表予定。それはロサンゼルス、ナッシュビル、日本の淡路島、沖縄で録音され、デイビッドのアメリカン・ブルースにメリーの沖縄民謡を融合させたもので、レコーディングには
■フィル・チェン(ロッド・スチュワート、ジェフ・ベック)
■デイブ・ロー(ジョニー・キャシュ)
■マーク・T・ジョーダン(カーペンターズ、ボニー・レイット)
等が参加している​。

鳩間ファミリー

8月29日(木)open17:00 start19:30 charge¥3,000【民謡/Pops】

沖縄県は八重山諸島、普段は、石垣島美崎町の民謡ライブ店「芭蕉布」を営んでいる父・隆志と母・チヨ子、民謡唄者として活動する娘の鳩間可奈子とギタリスト鳩間俊介がライブで集結!*リリースCD*2012.3.5 『家人衆の響き』、2013.3.28 『ヤギとたかし』『島 道』、2014.11.27『情けの島唄』

大山俊樹

8月31日(土)open17:00 start19:30 charge¥2,000【Pops/民謡】

石垣島出身。小学三年生の頃から三線を始め、ラジオやホテル・ライブ居酒屋などで活躍をし、三線を片手に20歳から東京に上京。2014年に東京で開催された、新人ミュージシャン発掘コンテストにて年間総合グランプリを獲得し、勢いをあげ今は沖縄を拠点に各県でLIVE活動中。一風変わった三線のメロディーで観客を巻き込んだステージが必見!

大城建大郎x石嶺愛莉

9月1日(日)open17:00 start19:00 charge¥2,000【Pops/民謡】

【大城建大郎】那覇市繁多川出身。石垣島出身の父の影響で三線に興味を持ち、南風原高校郷土文化コースへ入学。それをきっかけに琉球古典音楽の世界に足を踏み入れる。現在は沖縄を拠点に国立劇場おきなわなどの県内芸能公演に出演し、県外公演や台湾、フランス、ハワイなど国外での芸能公演にも出演。独自でアレンジする沖縄の歌やオリジナルソングを歌う国際通りを中心とした活動も行い、県内ミュージシャンのサポートや楽曲提供も行う。 琉球古典音楽から沖縄ポップスまで、全てを“沖縄の音楽”と考え幅広く活動する。 南風原高校郷土文化コース卒業 沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻琉球古典音楽コース卒業 沖縄県立芸術大学舞台芸術専攻琉球芸能専修修了 国立劇場おきなわ第4期組踊研修生修了 琉球新報古典音楽コンクール 歌三線「最高賞」受賞 琉球新報古典音楽コンクール 笛「最高賞」受賞 琉球古典音楽安富祖流絃聲会 教師

【石嶺愛莉】沖縄県糸満市出身 沖縄県立芸術大学の、琉球芸能専攻課程にて、琉球古典音楽を学び、古典・琉球民謡において、数々の受賞を受け、実績を積む、現役女子大生 DJ SASや、様々なコンピレーションアルバムへの参加・県内外にてライブ・イベント出演しています。 沖縄音楽を世界に広げる為に活動する実演家。

知念こずえ & 村吉茜

9月13日(金)open17:00 start19:30 charge¥3,000【民謡】

【知念こずえ】 伊江島出身。 幼少の頃、祖母、父親の影響で、自然に唄を覚えるようになる。 2005年より、那覇市のライブハウスを拠点に、県内のイベントや、慰問ライブ、県外などで活動を始める。 2008年より、大城美佐子に師事し、琉球音楽協会教師免許、二代目定絃会教師免許を取得。 現在、那覇市にある『ちんだみ三線店』に勤めながら、県内外のライブイベントや、海外でも活動している。

【村吉茜】 幼少の頃より両親、祖父母の 影響により、琉球舞踊、唄、三線を学ぶ。 民謡歌手になることを夢に持ち、新人賞、優秀賞、最高賞を受賞。 19歳より本格的に唄の活動を始め、民謡大賞、教師免許を取得。 沖縄県内外、海外とステージ活動の他にもあかまーみJr.弟子の育成 にも力を入れ、精力的に活動をする。

いーどぅし

9月16日(月)open17:00 start19:00 charge¥3,500(予約)/¥4000(当日)

*7月16日(火)16:00よりお電話にてご予約受付スタートいたします。

カバー曲【海の声】が、YouTube再生回数250万件越えでブレイクした「いーどぅし」。沖縄音楽ダウンロードサイトでは14週連続1位・年間総合1位と、前例のない快挙を成し遂げた。
幼少時から沖縄の古典音楽・民謡を学び、互いに多数の賞を受賞。沖縄県立芸術大学にて学びを深め、2018年3月に卒業。
三線とギターの新しい融合と、美しい歌声のハーモニーは、新たな音楽シーンを奏でる。
県内外でのライブツアーや学祭出演も成功を収め、海外でも好評を博す。BEGINも太鼓判を押す今話題の沖縄音楽デュオ。

うりずん娘

9月21日(土)open17:00 start19:30 charge¥2500【民謡/Pops】

うりずん娘は小学生~高校生の女の子たちによって構成されるユニットで1996年に結成されました。以来、県内外・国外の各種イベントやテレビ出演経験も多数あったが、しばらくグループとしての大きな活動を休止していた。しかし2019年より、新たにメンバーを加入し子供ユニットというイメージを大きく変え、昔ながらの沖縄民謡から島唄ポップス、そしてスーパーカチャーシーなる早弾きなどを披露し、魅せる舞台演出をモットーに再活動を始めました。
今回は、初代メンバー濱崎瑞姫を筆頭に、照屋美緒乃・仲間美幸の3人で再活動初となる県外凱旋ライブを行います。

メンバープロフィール
濱崎 瑞姫 (1986/那覇市出身)
うりずん娘初代メンバー。
民謡が大好きな祖母の影響で8歳の頃から琉球民謡伝統協会・会長 新崎松秀の元で三線を習い始める。舞台、テレビ、イベント等多数の出演経歴あり。
琉球民謡伝統協会主催の民謡コンクールにて数々の賞を受賞し、2001年に教師免許取得、そして2013年には師範免許を取得。現在では三線教室を開講し、琉球民謡の継承をしている。
また、当協会の最高峰であるダイヤモンドグランプリ大賞を2014年に受賞している。

照屋 美緒乃 (2001/那覇市出身)
うりずん娘5期メンバー。
祖父母と親の影響で幼い頃から沖縄の民謡に触れ3歳から琉球舞踊を習い.7歳から三線を習い始める。2012年に教師免許を取得し、現在では新崎会長の元に集まる、うりずん娘ジュニアメンバーの子供達に歌三線を教えている。
そして、今年行われたコンクールにて、ダイヤモンドグランプリ大賞を受賞。

仲間 美幸 (1996/うるま市(旧具志川市)出身)
うりずん娘新メンバー。
幼い頃からピアノと三線を習い音楽に魅力される。
2012年の高校一年生の時に琉球民謡伝統協会・会長 新崎松秀と出会い、会長の元で民謡を本格的に習い始め、同年に三線教師免許を取得。
2016年にダイヤモンドグランプリ大賞を受賞。
現在、沖縄県立芸術大学にて琉球古典音楽を専修し、沖縄の伝統芸能を学んでいる。