大東人

11月16日(土)open17:00 start19:30 charge¥2,000【Pops】

沖縄県南大東島を拠点にし沖縄県内外で芸能活動をしている姉妹ユニット(大東人)。2013年島で行われた大東音遊をきっかけに沖縄県内外のライブに出演してます。今後の活動は音楽の島と言われている南大東島を拠点に、島の後輩でもある音楽好きの子供たちに大きなステージで唄えるという楽しさ、嬉しさを伝え独自の唄三線を磨きながら島のPR活動を発信しています。

鳩間ファミリー

11月18日(月)open17:00 start19:30 charge¥3,000【民謡/Pops】

沖縄県は八重山諸島、普段は、石垣島美崎町の民謡ライブ店「芭蕉布」を営んでいる父・隆志と母・チヨ子、民謡唄者として活動する娘の鳩間可奈子とギタリスト鳩間俊介がライブで集結!*リリースCD*2012.3.5 『家人衆の響き』、2013.3.28 『ヤギとたかし』『島 道』、2014.11.27『情けの島唄』

THE☆CHONDARAS (ざ☆ちょんだらーず)

11月21日(木)open17:00 start19:30 charge¥2,000【Pops】

2015年、リーダーであるまっちゃんちょんだらー(Gt.Vo.太鼓)を中心に結成された南国パーティーバンド。 沖縄県那覇市国際通りの居酒屋LIVEを中心にイベントや野外フェスにも出演。『皆んなの笑顔』をモットーに”ライブ”にこだわった活動スタイルは年間250本を超える。 皆んなで歌える沖縄音楽からオリジナルソングまでメンバー全員がメイクをして歌って踊る参加型アゲアゲライブは日本各地で話題を呼んでいる。 在籍メンバーは現在13人で場所によって流動的にメンバーや楽器が変化するスタイルもバンドの魅力のひとつ。 バンド名の由来『ちょんだらー』とは、沖縄の伝統芸能エイサーの 先頭に立ち、場を盛り上げる役である沖縄版ピエロ『チョンダラー』からきている。

1-GATA(イチガタ) x Taku Hosokawa ツーマンライブ

11月23日(土)open17:00 start19:30 charge¥3,000【Pops】

【1-GATA】メンバー全員が1型糖尿病のバンド。同じ病気の方はもちろん、他の病気や家庭のこと、仕事のこと、いろんな事で思い悩んでいる全ての人が元気になれるような音楽をお届けする事を目標に活動しています。1st,SINGLE「キミ」、2nd,SINGLE「SEASIDE」、3rd,SINGLE「Hello Hello」、1st,Mini ALBUM「ZOO」(絵本付)絶賛発売中。

【Taku Hosokawa】沖縄県立芸術大学 琉球芸能専攻祖卒業 野村流保存会教師 沖縄タイムス芸術選賞 三線の部グランプリ受賞 上京後は江戸川区小岩にて「Taku Hosokawa三線教室」を運営。講師を務める。またソロアーティストとしてRockと沖縄音楽を融合させたライブ活動を全国各地で展開中。

リュウキュウノツカイ

11月29日(金)open17:00 start19:30 charge¥2,000【Pops】

「リュウキュウノツカイ」は、琉球音階や三線といった音楽を現 代のサウンドに乗せた琉球ポップス。 ミドルボイスのクリスとファニーボイスのチャキ、 2人が奏でるハーモニーは聴く人を魅了します。 独自にアレンジしたカバー曲は Facebookやyou tubeチャンネルで好評配信中 Facebookページ いいね13,000いいね突破 、国内海外問わずライブ出演中 8月韓国6/28〜7/1にも台湾高島屋にてライブを行っている 7/24にリュウキュウノツカイ ファーストアルバム発売アルバムタイトルは 『琉球玉手箱』 (リュウキュウタマバコ) 琉球ポップスをはじめ、バラードやJ-POP等、様々な曲が詰まった一枚となっております。8曲入り2,000円で販売しています。

田福真美 with 横目大哉(Gt.)・ 銘苅正士(Perc.)

12月3日(火)open17:00 start19:30 charge¥3,000【Pops/民謡】

【田福真美】1997年八重山諸島石垣島に生まれる。 中学・高校6年間 郷土芸能部に所属し踊り手を担当。 高校2年生の時、石垣島で開催された アマチュアが集う音楽の大会(ミュージックレボリューション)ではグランプリに輝き、石垣島代表として九州大会出場を果たした。 高校卒業と同時に 18年間生まれ育った石垣島を離れ 沖縄本島へ拠点を移し 歌・三線を独学で学び 昼間は観光施設(琉球村)で三線を使った演奏 夜は那覇市国際通りや恩納村にある 島唄ライブのお店でライブをし 県内外でライブ活動を行なっている。 2017年12月に地元石垣島で開催された NHKのど自慢大会ではチャンピオンに輝き 2018年3月3日には チャンピオン大会へと出場を果たした。 天性の透き通るような歌声で 島唄をベースに沖縄民謡からポップスまで 幅広く歌い上げる若手ミュージシャン。