カミヤタスク

6月15日(土)open17:00 start19:00 charge¥4,000【Pops】

【カミヤタスク】沖縄県糸満市出身のシンガーソングライター。
ReggaeやHIPHOPといったBlack musicから、J-POP・Rock・沖縄音楽など、様々なジャンルに影響を受けたチャンプル〜(混ぜ合わせる)音楽にストレートな歌詞を乗せ、ラップから歌まで幅広く唄い上げる。
2016年に1st single「世界一の女」、2017年には1st EP「ONE&ONLY」をリリース。
2018年には8ヶ月連続配信リリースを遂行し、うち4曲がJTA機内放送chに抜擢、更に特集アーティストとして機内誌にも取り上げられ話題を呼ぶ。
そして2019年5月には満を持して1st Full Album「タスキスト」を全国リリース‼︎
現在は東京を拠点に全国各地のお祭りイベントやライブイベントに多数出演。
場所や年齢・ジャンルを問わず、楽しくて熱いライブスタイルで「カミヤタスクMUSIC」を全国に発信中‼︎

民族音楽の祭典 内モンゴル&沖縄vol.2 —能登半島地震復興応援チャリティーライブ—

6月30日(日)open17:00 start19:00 charge¥2,000【モンゴル&沖縄音楽】

出演者

1、エンケバト(歌)&ナレントヤ(馬頭琴)

2、アヤルグ(ホーミー、遊牧楽器)

3、古里友香(歌三線/沖縄民謡)

4、オットホンバイラ(民謡)&ウルグン(馬頭琴)

エンケバト

内モンゴル出身。内モンゴル師範大学音楽学科声楽学部を卒業。2016年からイタリアに渡り、声楽を専攻する4年間の間、イタリアオペラネットワーク協会修了。オペラ「ドン・ジョバンニ」ドン・ジョバンニを務めるなど数多くのオペラに出演。イタリア・マッサ市第9回青年芸術家音楽コンクール1等賞受賞。その他受賞歴あり。2020年にイタリア・トスカーナ都にて青年芸術家の称号を獲得。

ナレントヤ

モリンホール(馬頭琴)演奏家。ヒンガン草原生まれ。2007年よりモリンホールを始め、国家一級演奏者チンバヤル氏に師事。その後、伝統馬頭琴と馬尾胡琴-チョールを学び、国家級馬頭琴伝承者チョール演奏家ボリンに師事。馬頭琴専門でフフホト民族学院音楽学院を卒業。卒業同年、馬頭琴の個人コンサートを開催。2018年に来日。東京音楽大学に入学し、東洋音楽学会の多文化音楽研究分野の大学院生発表と、東京音楽大学附属民族音楽研究所の公開講座No.2に参加。東京音楽大学大学院多文化音楽研究分野の修士を取得。

アヤルグ

内モンゴル出身、喉歌ホーメイ歌手。モンゴルのHiimorit(ヒーモリト)と、トゥバのChirgilchin(チルギルチン)楽団に師事。世界ホーメイ協会の会員。その他、トブショル、ドシプルール、シヨール、ドンブラー、ムクレンーなど、様々な遊牧楽器を独学で習得。

オットホンバイラ

日本民謡泥谷流名取(雅号:泥谷馬 伊羅/ひじや ばいら)、オルティーンドー(モンゴル民謡)歌手。バインノール草原生まれ。1994年に来日し、國學院大学を卒業。4年間姫神のボーカルをつとめる。

「吉永 小百合旅物語」イベントにゲスト出演、国内外コンサートツアーやアルバム参加。

受賞歴:(財)アサヒビール芸術文化財団主催の在日外国人留学生演奏会に「アサヒビール音楽賞」、(財)国際文化交流事業財団主催の在日留学生音楽コンクールに優秀賞、日本民謡協会主催「民謡民舞全九州春季大会」に優秀賞、日本郷土民謡協会全国民謡大会にヤングの部優勝。ソロアルバム「草原の風」と「草原の誘い」をリリース。

ウルグン

内モンゴル出身、内モンゴル大学芸術学院音楽学部にてモリンホールを専攻、同学と内モンゴルモリンホール芸術学院の教師に就任。2009年に来日。新潟大学教育学部音楽科にて作曲を勉強。2011年から東京都中心に日本各地の舞台に立つ。東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県などでモリンホール教室を開き、普及活動に努める。

古里友香

琉球民謡登川流教師。イベントや舞台に多数出演。大学での講義やワークショップの開催、他楽器とのコラボによる音楽活動、韓国・インドネシア等海外での演奏活動を通して、沖縄芸能の普及に努める。台東区で「東京下町・沖縄三線教室」を主宰、吉祥寺宮地楽器で講師を務める。川崎沖縄芸能研究会会員(神奈川県/川崎市両指定無形民俗文化財)。「鶴見歴民研究会」、「歴民モンゴル文化研究会」設立メンバー。神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科博士課程にて「沖縄芸能」を研究。社会教育士(養成課程)。