大工哲弘

2月8日(金)open17:00 start19:30 charge¥2,000【民謡】

沖縄県八重山郡石垣市字新川出身。八重山地方に伝承される多彩な島唄をこなし、八重山民謡の第一人者として地位を築いている。
999年には沖縄県無形文化財(八重山古典民謡)保持者に指定される。2011年・琉球民謡音楽協会会長に就任。県内外及び海外コンサート
にも多く出演、中・東・北欧、米国、中米などで公演行い、96年には南西アフリカ5カ国巡回コンサート。98年・東南アジア諸国。99年・環太平洋4カ国、2011年は南米4カ国巡回コンサートを実現し世界せましと活動を続けている。また八重山民謡教室の支部を全国に持ち、沖縄・八重山民謡の普及・育成にも力をそそぐ。現在、沖縄でもっとも幅広い活動をしているミュージシャンである。

増田めぐみ

2月9日(土)open17:00 start19:00 charge¥2,000【民謡/Pops】

【増田めぐみ】高校在学中、こどものおもちゃ主題歌でソニーより歌手デビュー。その後八重山民謡に惹かれ、研鑽を積み教師免許を取得。 現在では内地と八重山を結ぶ架け橋になりたいと全国で活動中。八重山の海に広がるような澄んだ歌声をぜひお聴きください。 第8回小浜節大会チャンピオン。 八重山古典民謡コンクール最優秀賞受賞。

出演:増田めぐみ(唄/三線)、平倉信行(Gt.)、キョンキョン(島太鼓)、きよ(三線)

伊波はづき(Vo/太鼓)・城間竜太(三線/Vo)・名嘉太一郎(Kb)

2月10日(日)open17:00 start19:00 charge¥2,000【Pops】

【伊波はづき】うるま市石川出身。幼い頃から沖縄の芸能に惹かれそれをきっかけに14歳の頃から、故 平川宗盛に師事し琉球民謡を学ぶ、15歳から島太鼓を独学で始め。現在は唄、三線、島太鼓を身につけながら、民謡居酒屋を中心に県内外ライブ、海外イベント舞台などで島太鼓サポートをし活動中。

【城間竜太】1988/03/25 沖縄県東村出身 幼少の頃から沖縄音楽に興味を持ち、5歳の頃、琉球島唄協会の教師であった母親より三線を師事。 同時に初舞台を踏む。 南風原高校郷土文化コースに進学と同時にソロ活動を開始。 沖縄民謡に独自のアレンジを加え、次世代への継承をテーマにステージを展開する。 また、三線奏者として県内外アーティスト、海外アーティストとのライブセッションやライブサポート、レコーディングへの参加、三線アレンジ、楽曲提供など幅広く精力的に活動中。 これまでの参加楽曲は、900曲を越える。

【名嘉太一郎】 ネーネーズバンドDIGのドラムを担当。 キーボードサポートとしても県内の色々なアーティストのサポートとして活動中。 3歳の頃からドラムを始め高校卒業後にDIGに加入。 現在は、沖縄国際映画祭のオールエンディング、熊本で行われる琉球の風などで各メジャーアーティストなどのドラムを担当したりしている。

嘉数奈々&石垣綾香&垣花克輝(舞踊)、コットんち(お笑い)

2月11日(月)open17:00 start19:00 charge¥2,500【舞踊/お笑い】

【嘉数奈々】沖縄県浦添市生まれ。4歳から琉球舞踊を学ぶ。
創作舞踊集団「結華」所属。琉球料理みやらび池袋にて、琉球舞踊ショーに出演中。

【石垣綾香】沖縄県石垣市生まれ。8歳から八重山古典民謡太鼓を学ぶ。八重山高校入学後に、郷土芸能部に所属し八重山舞踊を習い始める。

【垣花克輝】(かきのはな・かつき)(23歳) 沖縄県石垣市生まれ。8歳から八重山舞を学ぶ。ダンスユニット「やまんぐぅ〜」主宰。琉球芸能ユニット「ふぁむれうた」メンバー。

上京後に東京で出会った異なる舞踊の魅力に惹かれ合う3人。
それぞれの個性を活かした舞踊の世界をお届け致します。
更に、お笑い芸人コットんちを迎えたスペシャルライブ!!
コットんち アサト・タクト(ツッコミ) コバ(ボケ) 2015年に結成。松竹芸能所属。多数メディアに出演中。
琉球舞踊、八重山舞踊、創作舞踊、コンテンポラリーダンス、お笑い他

青玲歌 x 金城色 ツーマンライブ【民謡/Pops】

2月14日(木)open17:00 start19:30 charge¥1,500【民謡/Pops】

【青玲歌】沖縄出身の母の影響で、ギタリスト・三線唄者である平安隆氏の指導のもと、歌三線を始める。 現在は、都内ライブハウス、沖縄料理店、イベントスペースなどを中心にライブ活動を行う。 2018年5月11日には初のミニアルバムを発表。

【金城色】沖縄県那覇市生まれ育ちの歌い手、役者。 高校まで那覇で過ごし、大学上京を機に上京。舞台役者からスタートして、その後、共演者に誘われたことをきっかけに歌の世界に入る。都内ライブハウスを中心に、沖縄居酒屋やラーメン博物館などで、精力的にライブ活動を行い、耳心地の良い歌を届けていきたいと奔走中。オリジナル、カバー、故郷沖縄の歌など幅広いジャンルを歌う。

與那嶺商会

2月15日(金)open17:00 start19:30 charge¥2,000【Pops】

笑いと音楽をひっさげて沖縄から危険な二人がやってくる!”店長”と”◎ターシ”が、せつない歌から、沖縄民謡、はたまた毒舌トークまで、みなさまにおみまいしちゃいます。

里朋樹&里歩寿

2月16日(土)open17:00 start19:30 charge¥2,500【奄美民謡/Pops】

【里朋樹】夏祭りで聴いたシマ唄に惹かれて、 7歳からは妹歩寿とともに、 中野律紀、元ちとせらの奄美民謡大賞受賞者を輩出した 唄者中野豊成にシマ唄と三味線を習い始めた。 奄美民謡大賞少年の部で最優秀賞を受賞する等 数々の大会で好成績を収め2003年には 小学生唄者初のCDが発売された。 大学進学で大阪府に移り住み、 兄妹でシマ唄を唄っていたが2年前島へ帰郷した。 今回久しぶりの関東兄妹ライブになります。

【里歩寿】奄美大島出身、現在24歳。兄の影響で4歳より島唄を始める。2010年(高校2年)奄美民謡大賞受賞。1996年元ちとせ氏が最年少で受賞して以来、誰も破る事ができなかった最年少記録を塗り替えた。2012年3月アルバム『アリス』リリース。今年の6月に拠点を東京に移し活動している。

禎一馬

2月17日(日)open17:00 start19:00 charge¥1,500【Pops】

鹿児島県徳之島出身。
高校卒業後、上京。テレビカメラマンを目指し専門学校に入るも慣れない上京生活やホームシックに苦しむ。そんな時に出会った島の伝統楽器「三線」。我流で勉強し2003年頃からアーティストとして活動開始。現在は関東の沖縄料理屋ライブを中心にライブハウスや野外イベント、福祉施設でのライブと幅広く活動中。自然や人から感じるエネギー。そんなパワーのある歌を歌っていきたいと思います。毎回大盛り上がりのおススメライブ!

與儀美紀乃&具志清正

2月20日(水)open17:00 open19:30 charge¥2,000【Pops/民謡】

【與儀美紀乃】学生時代にエイサーを披露する中で、沖縄の魅力を多くの人に届けたいと思い、 三線を奏で始める。現在は、沖縄音楽にとどまらず様々なジャンルに挑戦。素朴な三線の音色と透き通る歌声を届けている。

【具志清正】学生時代にゆずの「夏色」が弾きたくてギターを始める。 卒業後、特殊効果という仕事に就き憧れのゆずの全国ツアーに ツアースタッフとして同行。 帰沖後、様々な唄者のサポートギターとして 県内県外問わず 海外でも活動中!

和-なごみ-

2月22日(金)open17:00 start19:30 charge¥2,000【Pops】

沖縄県出身のアーティスト。ユニット名の通り、聞いている人に和んでもらえるような音楽を届けることをモットーに活動している。 沖縄と言えば、三線が奏でる躍動感溢れる、いわゆる心踊るようなサウンドをイメージする人が多いかもしれないが、和-なごみ-の奏 でるサウンドは人の心に癒しを与え、歌声は甘く繊細。目を閉じると、そこには青く澄んだ波の音が聴こえてくるよう。 貴之、雅人は、ソロアーティストとして互いの音楽ジャンルで活動していたが、ホテルでのLIVE共演したことがきっかけとなり、 2016年「和 -なごみ-」としてユニットを結成。その後、パーカッションに梨奈を加え、バンドとして活動。 沖縄の三線を楽曲に取り入れ新たな音楽の世界観を目指し、作詞・作曲・編曲の全てを手掛けるマルチな才能を持つアーティスト。